無料歯科検診、歯科催事、歯科クイズ、歯磨きの仕方、噛むことの効用等の歯科お役立ち情報

キシリトール

キシリトール

キシリトールを上手に利用して虫歯予防しましょう  

キシリトールガム

キシリトールとは  

キシリトールは白樺や樫の木から作られる甘味料でお砂糖と同じ位の甘さがあります。
イチゴやほうれん草、レタスなどの身近な食材にも含まれています。人の体の中でも造られていて、輸液にも利用されています。

キシリトールの虫歯予防効果  

虫歯菌は主にお砂糖を利用して歯垢を作り歯に付着して、酸を出して歯に穴を開けてしまいます。ところが同じ甘味料でもキシリトールは虫歯菌が利用出来無い為、段々に弱って数が減って虫歯に成り難くなるのです。
それ以外にも唾液が出やすくなったり、唾液中のカルシウムを安定させて歯の再石灰化を促し虫歯に成り難くなります。

キシリトールの摂りかた  

虫歯予防に必要な量は一日に5から10グラムと言われ食材からだけでは充分な量が摂れない為、お口の中に長くとどめておけるガムやタブレットが利用されています。
ガムの場合、3から10個が目安で毎食後やおやつの後に噛むのがお勧めです。
ガムを噛めない方はなめて溶かすタブレットがお勧めです。
キシリトールは消化されにくいので一度に沢山の量を摂るとお腹がゆるくなる事が有りますが、その時は食べる量を調節して下さい。

キシリトールはフッ素と同様に、きちんと歯磨きをして正しい食生活を行った上で利用するものですから過信は禁物です。
歯磨きについては歯磨きの仕方のページをご覧ください。
食生活については食育のページをご覧ください。
http://www6.atpages.jp/~mkshp693/index.php?%BF%A9%B0%E9

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional