無料歯科検診、歯科催事、歯科クイズ、歯磨きの仕方、噛むことの効用等の歯科お役立ち情報

成人歯科健康診査

成人歯科健康診査
成人歯科健診

練馬区歯科医師会の会員の診療所において
練馬区民の方で30・40・45・50・60・70歳
節目になられる方が原則500円で歯科検診を受けられます。
歯周病検診ですので歯が一本でもあれば受診できます。

住民税非課税・生活保護・中国、樺太残留邦人・東日本大震災被災者の方は手続きをぶむと無料で受診できます。

事前に電話等でお掛かりになりたい歯科医院にお申し込み下さい。
受診の際は練馬区民であることが判る保険証、免許証等をお持ち下さい。

平成30年度は平成30年4月1日から平成31年3月31日
       迄で対象は生年月日が以下の方になります。

  • 30歳;S63.4.1から H1.3.31生まれの方
  • 40歳;S53.4.1から S54.3.31生まれの方
  • 45歳;S48.4.1から S49.3. 31生まれの方
  • 50歳;S43.4.1から S44.3.31生まれの方
  • 60歳;S33.4.1から S34.3.31生まれの方
  • 70歳;S23.4.1から S24.3.31生まれの方

内容は問診、虫歯・歯周病の視診・検査、歯磨き指導等で終了時にアドバイスと結果の写しをもらえます。

練馬区歯科医師会の会員の診療所は練馬区歯科医師会のホームページでhttp://www.nerimaku-shikaishikai.or.jp/clinic/
調べられますのでご利用下さい。

下の写真は平成20年度に成人歯科検診をお受けになった方にお渡した食育に関するパンフレットです。
練馬区成人歯科検診パンフレット
内容は下のページをご覧ください。
http://www6.atpages.jp/~mkshp693/index.php?%CE%FD%C7%CF%B6%E8%C0%AE%BF%CD%BB%F5%B2%CA%B8%A1%BF%C7%A5%D1%A5%F3%A5%D5%A5%EC%A5%C3%A5%C8

平成29年度東京23区成人歯科健診対象年齢  

成人歯科健診対象年齢
今では歯や口の健康は全身の健康に繋がると広く認識されるようになり、健康増進法に基づく歯周病健診で定められている40・50・60・70歳の他に、各区で成人歯科健診の対象年齢の拡大が行われてきました。
又高齢化がこれから急速に進むため全身の健康の為にも益々自分の口で食事をする重要性が増してきて、80歳で噛める歯が20本以上有れば何でも食事できるという8020運動も広く知られるように成りました。
東京23区の成人歯科健診の対象年齢を見ると各区の取り組み状況や特徴が感じ取れます。
練馬区は残念ながら対象年齢が23区中単独最下位で、せめて19位群の区のように対象年齢を拡大するか、北区、豊島区のように現在の対象に80歳を加えて欲しいと切に思います。

東京23区成人歯科健診(対象年齢数順)

1、 港区    20歳以上全年齢を年2回
2、 千代田区  19歳以上全年齢
3、 新宿区   20歳以上全年齢
4、 中野区   35歳〜75歳
5、 中央区   20・25・30〜70歳の偶数歳
6、 台東区   30・35・40〜55・60・65・70・75
7、 大田区   30・35・40・45・50・55・60・66・68・70・72・74・76
8、 墨田区  20・25・30・35・40・45・50・55・60・65・70・75
9、 渋谷区   20・25・30・35・40・45・50・55・60・65・70
9、 品川区      同上
9、 江東区      同上
9、 江戸川区     同上
9、 足立区      同上
14、目黒区    35・40・42・45・47・50・55・60・65・70
14、北区     40・45・50・55・60・65・70・75・80・81
16、文京区    30・35・40・45・50・55・60・65・70
17、豊島区    40・50・55・60・65・70・75・80
17、杉並区    25・30・35・40・45・50・60・70
19、世田谷区   40・45・50・55・60・65・70
19、葛飾区      同上
19、荒川区      同上
19、板橋区      同上
23、練馬区    30・40・45・50・60・70

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional